鼻づまりの不快感を和らげる方法とは?

自分で出来る!慢性蓄膿を少しでも改善する方法

鼻という重要な器官について

正しい鼻のかみ方とは?

鼻が出た時にまず行うのは「鼻をかむ」という行為だと思います。
しかし、ただ鼻水を押し出せばいいというものではなく鼻をかむときには正しい方法で行う必要があるといいます。
そうしないと症状が悪化するばかりか耳を傷めて中耳炎になってしまう恐れもあるのです。

では正しい鼻のかみ方とはどのようなものでしょうか?
鼻をかむ一番の目的は鼻腔内にある鼻水を出し切ることなので、大きく息を吸ってから息が続く限りゆっくりと鼻水を出し切ることが大切だといいます。
この時に両方の鼻を同時にかんだり、つまっているからと言って力を入れすぎるのは中耳炎の原因となってしまいます。
下の方を向いて口を閉じながら行うとよいでしょう。

鼻がつまっていると鼻をかんだ後に思わずすすってしまうことがあるようですが、そうすると残っていた鼻水が耳へ逆流してしまうといいますから控えるようにしましょう。

鼻うがいで洗い流す

正確には「鼻洗浄」と言われる「鼻うがい」では、慢性蓄膿を軽減させるだけでなく花粉症や鼻づまり対策、風邪の予防としての効果も期待できるようです。

普段、鼻に水が入ると目や鼻の奥の方が痛くなるというのは誰もが経験していることだと思います。
それなのに鼻に水を入れて洗浄するなんて考えられない!と思う人もいるかもしれませんが、これは水と体液の浸透圧に差があることが原因なので体液と同じ塩分濃度の生理食塩水を使用すれば痛みを取り除くことが可能になります。
0.9パーセントの食塩水を作ったら、洗面器を利用したり市販されている洗浄器具を使ったりして鼻の中を洗い流します。

このとき効果を期待するあまり1日に何度もやりすぎたり、鼻うがいの後に熱心に鼻をかみすぎるのは良くないそうです。
また鼻に生理食塩水を入れながら上を向きすぎたり、唾を飲みこむことも避けた方がいいでしょう。


この記事をシェアする